のっぽの気持ち

年子と双子と悪戦苦闘。今年も、小学校や高校の学校行事や役員、お弁当作りでドタバタだーっ!!!お肌のシミ・小じわ・毛穴とも戦い中!だんだん重ねる年齢にかなり劣性気味だけどあきらめないもんっ(ノー`)。゚・゚+.゚

1か月で人工知能を活用したヒアリ分類サービスを作り人工知能の基礎を学ぼう【説明会】

多くの人がパソコンやスマートフォンを使うようになった今
プログラミングの勉強をしたり
アプリを作ったりしている人をみかけます。
私自身は、そんな能力は無いので憧れているだけですが
知識を持っている人は「もっと詳しく!」と勉強し続けている人が多いですね。

そんな中、AI、IoTなど最先端の技術分野に特化したビジネスネットワーキングの場を設けているStudy-AIが
面白い講座を開催すると聞きました。
人工知能を使ってヒアリ分類サービスを作るというもので
人工知能の基礎から教えてくれるそうです。
最終的には、スマートフォンやホームビデオで撮影したアリを
すぐに分類してくれるAIヒアリ分類サービスを作成できるようになれるというからビックリ!

もちろんプログラミングの知識や、高校数学程度の知識は予め必要になっているのですが
これからAIについて学びたいと思っている人や
今以上の知識を手に入れたいと思っている人はチャンスかもしれません。

気になる参加費は無料になっているので、興味がある方はチェックしてみては?

1か月で人工知能を活用したヒアリ分類サービスを作り人工知能の基礎を学ぼう【説明会】

ドリームニュース・ブログメディア参加記事












←応援ポチッとお願いしますv
【PR】
heteml
ホームページ作成サービス「グーペ」
[ 2017/10/13 ] 自分磨き | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

のっぽ

Author:のっぽ
16歳から11歳までの4男育児に奮闘中のアラフォー母です^^
男の子ってなんでこんなにパワーがあるの!?毎日へとへとではありますが、育児の合間に気になったことや参加したキャンペーンなどを書き留めています。

アクセスランキング



ブログランキング参加中!

お気に入りの本

にげましょう 災害でいのちをなくさないために


双子が小学校の図書館で読み
「自宅用に欲しい」と望んだ本。
多くの災害対策本がありますが
イラストがポスターのようで
わかりやすいみたい。
難しい言葉(浸水)などは
ニュースなどでも使う言葉なので
災害を親子で考えるチャンス。
「逃げる事は積極的に生きる事」
と提案している本です。


うちにかえったガラゴ [ 島田ゆか ]


バムケロシリーズが大好きで
同じ著者さんなので読んだら
すっかりハマった絵本。
カラフルなイラストと
細かい所のイラストの変化
可愛らしい小物など
読み直すと新しい発見があって
とても楽しい絵本です。
かばんうりのガラゴの
続編です。
Honya Club.com
レシピ 50音順
諸注意

リンク先でのトラブル等には一切の責任を負えません。 サイトの注意事項をよく確認のうえ、ご自身の判断でご利用お願いします。