のっぽの気持ち

年子と双子と悪戦苦闘。今年も、小学校や高校の学校行事や役員、お弁当作りでドタバタだーっ!!!お肌のシミ・小じわ・毛穴とも戦い中!だんだん重ねる年齢にかなり劣性気味だけどあきらめないもんっ(ノー`)。゚・゚+.゚

暑い時期にも!どんな食事にも合う「からだ応援サラシア茶」

かなり過ごしにくい季節になりましたね。
今までも暑かったけど、梅雨時期のジメジメ感もプラスされてだらけちゃいます。
こんな時でも熱中症対策の為に水分はちゃんととった方がいいらしいですね。

我が家では毎日、家族で飲むお茶を大量に沸かしています。
朝晩2Lずつ。
沸かしては冷やし、沸かしては冷やし・・・多い日は3回沸かす日も

どんな食事にも合い、水筒に入れて持ち歩いてもいいようにお茶を選んでいるんですが
たまには香りが良かったり、違う風味のお茶を飲みたくなることもあります。
そんな時は、ティーバッグで手軽に淹れられるお茶を飲んで気分転換

今回は、サラシア特有の苦味を抑え美しく飲めるという
からだ応援サラシア茶を飲んでみました。

からだ応援サラシア茶

実はこのお茶、食後の血糖値上昇をゆるやかにしてくれるんです。
だから糖質を抑えたい人やダイエットを始めたい人にピッタリなんですって

味はほうじハトムギ茶、紅茶、ジャスミン烏龍茶の3種類。

からだ応援サラシア茶

袋を開けてティーバッグを取り出すだけいい香り

ほうじハトムギ茶→ほうじ茶特有の香ばしい香り
紅茶→紅茶の華やかな香り
ジャスミン烏龍茶→・・・ジャスミンの香りかなぁ???(これだけちょっと曖昧

ティーバッグなので淹れ方は簡単。
大きめのカップに、ティーバッグを入れてから沸とうしたてのお湯(200ml)を注ぎます。
1分ほど蒸らしたら、好みに合わせて数回揺らして取り出すだけ。
どれもサラシアエキス100mg配合。
顆粒状でティーバッグに入っているんです。
サラシアそのものを摂ることができるってのは凄いですね。
しかも3種類がそれぞれ和洋中の料理に合わせられるので続けやすいです。

何故、食事に合わせる事が重要なのか?
それは食前に飲むと効果的だから!
食後の血糖値上昇をゆるやかにするには、食前に飲むのが一番ですよね。

私も早速、子供達と一緒に飲んでみました。
まずはほうじハトムギ茶

からだ応援サラシア茶

からだ応援サラシア茶

乾燥してる状態でもいい香りでしたが
より香ばしいほうじ茶の香りが広がります。
この時点で子供達もニコニコ顔に。
変な癖も苦みも全く感じることなく、家族の中でも一番人気でした。
サッパリしてるので和食だけじゃなく、どんな食事にも合いそうです。

次は紅茶

からだ応援サラシア茶

からだ応援サラシア茶

ティーバッグを取り出した時から紅茶のいい香りがします。
飲んでみた感じは普通の紅茶に思いました。
こんなに美味しくて健康にいいの?と聞きたいくらい飲みやすいです。
トーストとか食べる時やケーキを食べる時に合いそうだと思いました。

でも子供達は「ちょっと苦みが・・・」とのこと。
普通のダージリンとかは飲んでるので、サラシアを感じてるのかなぁ???
その辺はちょっと謎です。

最後は、ジャスミン烏龍茶

からだ応援サラシア茶

からだ応援サラシア茶

ジャスミンの香りがして癒されます。
でも飲んだ感じは烏龍茶。
脂っこい食事の時に飲んだらサッパリして合いますね。
ほうじハトムギ茶の次に人気でした。

どれも香りがよく、美味しいと感じました。
それぞれ3g×10ティーバッグになので、色々な食事に合わせて楽しんでいます。

からだ応援サラシア茶

飲む目安は、1日1~3杯。
家で飲む時はマグカップを使いますが
普段は350mlの水筒をにいれて持ち歩いて飲んでいます。
ダイエットを意識しているので
こうやって気分や食事に合わせて味が変えられるのは続けやすいです

からだ応援サラシア茶、かなりおすすめですが
お茶はちょっと・・・という人には、ゼリータイプや顆粒タイプもありますよ!

からだ応援サラシア茶








←応援ポチッとお願いしますv
【PR】
heteml
ホームページ作成サービス「グーペ」
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

のっぽ

Author:のっぽ
16歳から11歳までの4男育児に奮闘中のアラフォー母です^^
男の子ってなんでこんなにパワーがあるの!?毎日へとへとではありますが、育児の合間に気になったことや参加したキャンペーンなどを書き留めています。

アクセスランキング



ブログランキング参加中!

お気に入りの本

にげましょう 災害でいのちをなくさないために


双子が小学校の図書館で読み
「自宅用に欲しい」と望んだ本。
多くの災害対策本がありますが
イラストがポスターのようで
わかりやすいみたい。
難しい言葉(浸水)などは
ニュースなどでも使う言葉なので
災害を親子で考えるチャンス。
「逃げる事は積極的に生きる事」
と提案している本です。


うちにかえったガラゴ [ 島田ゆか ]


バムケロシリーズが大好きで
同じ著者さんなので読んだら
すっかりハマった絵本。
カラフルなイラストと
細かい所のイラストの変化
可愛らしい小物など
読み直すと新しい発見があって
とても楽しい絵本です。
かばんうりのガラゴの
続編です。
Honya Club.com
レシピ 50音順
諸注意

リンク先でのトラブル等には一切の責任を負えません。 サイトの注意事項をよく確認のうえ、ご自身の判断でご利用お願いします。