のっぽの気持ち

年子と双子と悪戦苦闘。今年も、小学校や高校の学校行事や役員、お弁当作りでドタバタだーっ!!!お肌のシミ・小じわ・毛穴とも戦い中!だんだん重ねる年齢にかなり劣性気味だけどあきらめないもんっ(ノー`)。゚・゚+.゚

お散歩

双子の散歩は大変です。
まだ1歳の2人に「危ない」とかいう考えはなく
それぞれに行きたい方向に爆進していくのだから…(遠い目

なのでいつもは1人ずつつれて散歩にでかけるのだけれど
今日は義祖母が一緒に行ってくれるというので4人で外にでてみました。

が、案の定、それぞれが行きたい場所に走っていってしまいます(’’;
家の前の道路は、奥のほうが行き止まりになっているので
地元の方以外は殆ど通りません。
なので車に引かれる心配は殆どないんだけど
人様の家に勝手に侵入して居座る双子は問題児(><;

田舎なので、みんな笑いながら許してくれるのはわかっているのだけど
それでも遠慮っていうものがあるよね^^;

可愛い足音をききつけて
近所の高齢者の方々が何人も顔をだしてくれるんだけど
双子はとまるという事をしらず
はぁはぁと肩で息をきらしながら走りっぱなし^^;
ニコッと微笑んでは「バイバ~イ」と手を振る双子にみなさん優しく微笑んでくれました。

雄たけびや、私の叱る声でいつもうるさいと思うんですが
みなさん本当に良い方たちです。
これからもご迷惑おかけしま~すw







←応援ポチッとお願いしますv
【PR】
heteml
ホームページ作成サービス「グーペ」
[ 2009/11/10 ] 年子と双子 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

のっぽ

Author:のっぽ
16歳から11歳までの4男育児に奮闘中のアラフォー母です^^
男の子ってなんでこんなにパワーがあるの!?毎日へとへとではありますが、育児の合間に気になったことや参加したキャンペーンなどを書き留めています。

アクセスランキング



ブログランキング参加中!

お気に入りの本

にげましょう 災害でいのちをなくさないために


双子が小学校の図書館で読み
「自宅用に欲しい」と望んだ本。
多くの災害対策本がありますが
イラストがポスターのようで
わかりやすいみたい。
難しい言葉(浸水)などは
ニュースなどでも使う言葉なので
災害を親子で考えるチャンス。
「逃げる事は積極的に生きる事」
と提案している本です。


うちにかえったガラゴ [ 島田ゆか ]


バムケロシリーズが大好きで
同じ著者さんなので読んだら
すっかりハマった絵本。
カラフルなイラストと
細かい所のイラストの変化
可愛らしい小物など
読み直すと新しい発見があって
とても楽しい絵本です。
かばんうりのガラゴの
続編です。
Honya Club.com
レシピ 50音順
諸注意

リンク先でのトラブル等には一切の責任を負えません。 サイトの注意事項をよく確認のうえ、ご自身の判断でご利用お願いします。